内縁破棄の慰謝料請求
法律上は、戸籍上の妻とほぼ同様 それ相応の慰謝料を請求できる
婚姻届を出さずに、男性と女性が一緒に住み始めると、“事実上の夫婦”と見なされます。いわゆる「内縁」の関係です。これは、何らかの事情でただ婚姻届を出していないだけで、結婚する「意思」はあるものと解釈されます。一方、同じ男女の共同生活でも「同棲」は、結婚する意志を持つにはまだ至っていない、あるいはそもそも結婚する意思がないという関係を指します。
“本人同士が勝手にやっている”同棲とは違い、事実上の夫婦となる内縁関係にある者には、多くの場合で、法律上の夫婦と同等の権利や義務が認められるようになってきました。そこで内縁関係をどちらか一方の不当な理由によって解消する場合、解消された方は慰謝料請求できることがあります。不当というのは、パートナーの浮気、暴力、借金癖などです。
内縁破棄に対する慰謝料請求は、婚約不履行の際に請求できる債務不履行責任と、内縁の配偶者たる地位の侵害という不法行為に対して行えます。算定基準は、離婚同様に、精神的苦痛の程度、内縁期間、社会的地位、未成年子の有無などで、これらによって請求額も異なってきます。
内縁関係が破棄されたのですから、相手はすでに別の場所に住んでいるかもしれません。そんな場合には、相手の居所を突き止めて内容証明郵便で慰謝料を請求することになります。
慰謝料の相場 内縁破棄の慰謝料の相場は、数十万〜500万円


http://www.k-isyaryou.com/