交通事故の慰謝料
突然の事故で被る痛手には逸失損益だけでなく、精神的苦痛もある
一般的に、交通事故の被害にあうと、加害者が加入する保険会社が出てきて、担当者に任せっきりになります。そして後日、保険金が支払われます。保険金には、ケガの治療にかかった治療費、治療を受けている期間に働いていたら得られたであろう逸失利益、そしてケガの苦痛に対する慰謝料が含まれています。これらすべての額が示談金というわけです。
治療費と逸失利益は、病院などが発行する領収書や、1日当たりの所得を休んだ日数で掛けて算出することで、明確に計算されます。また、慰謝料も、一定の基準にのっとって計算されます。その基準とは、「自賠責基準」「保険会社基準」「裁判基準」の3つ。それぞれ傷害の程度に応じて14級(重度後遺障害は別に2級)に区分されています。このうち、自賠責基準は、毎日発生する自動車事故について一件一件状況を調べ、厳密に被害や精神的苦痛の程度を計ることはできないため、あくまで“便宜上設けられたもの”に過ぎません。しかも、金額が3つの基準の中で最も安いため、保険会社の多くは自賠責基準を適用しようとします。対して裁判基準は、過去の判例などから調べた慰謝料の基準。法廷で争ってまでも勝ち得た慰謝料なので、金額は高くなります。また、保険会社基準は、この中間として保険会社が独自に設定している金額の基準です。
そもそも慰謝料は、被った精神的苦痛を慰めるためのもの。そのため、「とても苦痛を感じた」と本人が思うのであれば、上記の基準に合わせて考える必要はなく、独自の額を請求しても構わないのです。この場合、自分が被った精神的苦痛を計算し、保険会社に請求することになります。
この請求手段として効果的なのは「内容証明郵便」です。いつ、誰が、どのような主張をしたかが記録されているので、争う際にあいまいな部分が残りません。また、「出るところに出る用意がある」という姿勢を保険会社に示すことで、担当者も「自賠責基準を適用すればいい」と考えることができなくなります。もちろん保険会社も、内容証明に記された請求額をそのまま支払ってくれるとは考えられません。ここからが交渉の始まりです。
慰謝料請求の相場 交通事故の慰謝料の相場 自賠責基準  32万円 保険会社基準 40万円 裁判基準   110万円 ※最も等級が低い後遺障害慰謝料14級の場合


http://www.k-isyaryou.com/